きょうのボートレースONLINE
電投締切時間
20:40

ボートレースまるがめ
PGⅠレディースチャンピオン

電投締切時間 : 20:40

ボートレースまるがめ PGⅠレディースチャンピオン ボートレースまるがめ PGⅠレディースチャンピオン

出走表 出走表

ボートレースまるがめ PGⅠレディースチャンピオン 出走表 ボートレースまるがめ PGⅠレディースチャンピオン 出走表

買い目 買い目

ボートレースまるがめ PGⅠレディースチャンピオン 買い目 ボートレースまるがめ PGⅠレディースチャンピオン 買い目

記者予想 記者予想

シンデレラストーリーを完結させる。優勝歴がない実森が予選トップ通過から準優を逃げて、絶好枠を確保した。平山の前ヅケで深いイン戦になったが、コンマ06のトップスタートを決め、鮮やかなターンで後続を突き放したように、仕上がりは盤石といえる。歓喜への試練である緊張はパワーに変えるのみ。最後も堂々たる逃走劇で史上3人目となるGⅠでのデビュー初優勝で女王戴冠を果たす。女王返り咲きを狙う大山と平山が難敵。大山は自慢のスピード旋回で、平山は再び進入から勝機を探る。機力がいい香川も怖い。

スタート練習分析 スタート練習分析

1回目12356/4

2回目1236/45

優勝戦メンバー6人による2本のスタート特訓が、9R終了後に行われた。前半のホーム向かい風と打って変わって、追い風。6号艇・平山の前ヅケ宣言で注目を集める進入は、1本目はF2の松尾だけが外に出る、スロー12356、ダッシュ4の並びとなった。スロー5艇はほぼ同じ100メートルからの起こしとなる中、1コース・実森の行き足の良さが光った。
2本目も平山は内へ。今度は松尾とともに藤崎もダッシュに引き、スロー1236、ダッシュ45の並びとなった。ここでも、やはり気配的にリードしていたのは実森。1本目よりもさらに深い、100メートルを切る起こし位置にも関わらず、軽快にスリットを通過した。次に目を引いたのは右隣りの大山。ダッシュ勢では松尾が良かったが、F2持ちだけに、本番で自ら攻めていけるほどのスタートを切れるかは疑問が残る。

スタート特訓 選手コメント    スタート特訓 選手コメント

1 実森美祐 節間を通して出足がいい。そこから直線へのつながりもよくて、エンジンはめちゃくちゃいい。スタートはバッチリです。
2 大山千広 重くて合っていなかった。合えば行き足や乗り心地がよくてスタートしやすい。ピット離れはいいが実森さんもいいので。
3 香川素子 飛び抜けていいわけではないけど、レース足を中心に足はいい。スタート勘もいい方。まるがめは相性がいいみたい。
4 松尾夏海 直線は上がいるけど、出口の押しはいい。乗り心地も含めて好きな感じ。スタートはいつも以上に集中していけている。
5 藤崎小百合 普通はあるが乗り心地を求めたら少し伸びが落ちた感じ。両方いい部分を探る。ピット離れは普通。まるがめはいい印象。
6 平山智加 準優組は出している。それに比べたら物足りない。試運転はいいがレースにいくともう少しほしい。コースは動くつもり。

元レーサーのここがポイント 元レーサーのここがポイント

野添貴裕のここがポイント! 野添貴裕

優勝戦のメンバーを見ると、まず〝いいエンジンを引いた選手が、順当に勝ち上がってきたな〟と思います。なかでも、準優勝戦を逃げた3人の仕上がりがいいですね。エンジンは実森選手が出足型で、香川選手は伸び寄りでバランスも取れている感じ。その次に大山選手だと思います。外の3人は少し落ちますね。

まず1号艇の実森選手。宮島オールスターで見たときに〝女子に、こんなにいい選手がいたんだ〟と思いました。いいエンジンをしっかりと仕上げ、冷静な状況判断もできる。3日目に現地で見たときも含めて、F持ちだけど今節はしっかりとスタートも行けています。仕上がりがいい証拠でしょう。優勝戦でも、準優(コンマ06)と同じようなスタートが行けるかどうかでしょうね。平山選手の前ヅケは必至ですけど、気持ち的には逆にいいかもしれませんね。楽な進入だと、いろいろと考え過ぎてしまうかも知れませんからね。〝負けても仕方がない〟と割り切れると思います。

実森選手をまくれるとしたら、香川選手しかいないと思います。基本的には平山選手を入れず、スローの3コースだと思いますが、平山選手が100メートルを切るような大胆な前ヅケに出るようだと、4カドに持ち出すこともあるかもしれません。普段はマイペースな性格の持ち主ですけど、ここは進入から勝ちに徹したレースをすると思います。

平山選手は地元で6枠。動かない理由はありません。ただし、勝つチャンスがあるとすれば、2コースを取れた時だけだと思います。他のコースでは勝ち目はないでしょう。

ゲスト予想コラム ゲスト予想コラム

永島知洋 永島知洋

どーも! 毎日、うどん生活をしている永島です。香川は丸亀にきて、YouTube LIVE「タートル+」に連日出演中。最終日の本日もやっていますので、そちらもぜひご覧ください。というわけで、こちらでは毎日うどん生活。すでに6店舗に行きました。もう最高! 優勝戦も、しっかりと〝コシのある〟予想をしたいと思います。

丸亀のここまでの水面傾向を見ると、後半になるとインが強いイメージ。優勝戦の1号艇は実森選手です。デビュー初優勝がかかる大一番に向けて、舟足的にも最高の仕上がり。あとは本人の戦いでしょう。ズバリ、スタートですね。ここまでは他艇の前ヅケもありながら、しっかりと決めている実森選手。落ち着いて冷静にスタートを決められるかが、初優勝への鍵でしょう。

一方、対抗には3号艇・香川選手と5号艇・藤崎選手を狙いたい。香川選手はいいエンジン(39号機)と言われながらも、本人は連日「まあまあかなと。バランスは取れていますけど」という感じのコメント。ってことは、ここは3コースから攻め手に!

4号艇の松尾選手は、フライング2本持ちながらもきっちりとスタートを決めて優出。ラストも決められるのか? しかし、隣の5号艇・藤崎選手が今節は7戦中5戦でゼロ台スタートと、タイミングがバッチバチに合っています。松尾選手が少しでも遅れるようなら、5号艇が攻めていくはず!

本線はもちろん、初優勝を目指す実森選手から3連単❶ - ❸、❶ - ❺流し。❸と❺も怖いので、❸-❶、❸ -❺流しも狙いましょ! 大一番の優勝戦は、誰が勝ってもドラマが起きる! みなさんもしっかり楽しみましょう。僕も舟券収支でまくり切りたいと思います。

ういち ういち

平山選手が「地元なので動く」と宣言している以上、荒れ展開は必至だ。「いやいや、準優でも実森選手は(平山選手の)前ヅケを跳ね返しただろ?」と思うかも知れないが、引き続き絶好枠といえども、果たして彼女は優勝戦のプレッシャーに耐えられるだろうか?

平山選手は今回6号艇。5号艇だった準優勝戦より、一層進入は深くなるだろうし、どこまでコースを詰めてくるのかもわからない。さらにプレッシャーで言えば、F2の松尾選手とて同様だ。大外からになるであろう藤崎選手がゼロ台のスタートをバチバチに決めてきているだけに、それを受け止める事ができるかどうかも気になる。

そんな中、そもそも実森選手の足は健在なのか? 準優11Rでの田口選手との接触はかなり激しいものに見えたが、その影響はないのか? ここまでお膳立てが整っているのである。〝何か〟あるに決まっている。

進入予想をスロー126、ダッシュ345と想定。香川選手が飛び出し、ついていく藤崎選手。プレッシャー慣れしている大山選手が残しての3連単❸-❷、❸-❺流しに加え、展開が向けば藤崎選手の一発もあると見て❺-❷、❺-❸流しも買っておきたい。

ただし、忘れないでおいていただきたい。最も不安な要素は、この予想を出しているのが私、ういちだという事実を・・・。色々な配信でご存知の方、分かりますよね。〝ここ〟以外です

レースの成績や出走表などについては、急な変更や発売中止などもありますので、念のため主催者発行のものと照合してください。


MENU
出走表 ゲスト予想 元レーサー
  
閉じる